葉酸サプリの副作用の有無について

葉酸には、細胞の分裂や増殖、また体のもととなるたんぱく質の生成を助ける作用、更には造血作用などがあります。ですから、貧血に悩んでいる人は勿論のこと、特に、妊娠初期における妊婦さんは、胎児の健やかな発育のために、葉酸を摂取することは必須だとされています。葉物野菜などに含まれている葉酸ですが、食事だけで摂取しようとするのはなかなか難しいですから、葉酸サプリを利用するのが望ましいです。葉酸の推奨摂取量は、15歳以上の男女の場合は1日あたり200μg、そして妊娠初期の妊婦さんの場合は1日あたり400μgと設定されています。さて、ここで気になるのか副作用の有無です。特に摂取量を超えてしまった場合、副作用が出てくるのではと心配される方も多いかもしれません。この点について解説すると、まず厚生労働省の発表によると、不足した際は貧血などを生じることがあるが、逆に過剰摂取によって発症する疾患は特に知られていないと、報告されています。また葉酸は水溶性のビタミンであるため、余剰分は自然に尿として排出されてしまいます。ですから、過剰摂取による副作用の発症の可能性は極めて低いと言えます。ただし、妊婦さんに関してはビタミンB12欠乏症の診断を困難にするおそれがあるため、1日あたり1000μgを超えないことが望ましいとされています。また、ごくまれに、不眠や食欲不振、吐き気などが出てくる場合もありますから、やはり推奨摂取量を超えないようにするのが望ましいです。

http://ベルタ葉酸・.com/

妊娠線予防クリームを選ぶポイント

妊娠してお腹がどんどん大きくなってくると、お腹や太ももなどにスイカの模様のような線ができてしまうことがあります。これを妊娠線といいますが、この妊娠線を作らないように予防したり、できてしまった妊娠線を消したり、薄くする効果がある専用クリームが妊娠線クリームです。妊娠線クリームは様々な種類のものが販売されているので、どれを選ぶのがよいのか迷うこともあります。

妊娠線クリームを選ぶときのポイントとしては、保湿力、成分、肌へのこだわり、使いやすさを注意して選ぶようにすることです。妊娠線の予防とケアに大切なのは保湿です。

肌を保湿する成分にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど肌の表面を保湿する成分がありますが、これに加えて肌の奥の保湿に効果のあるシラノール誘導体が配合されていて、コラーゲンを作る働きを助けて肌を丈夫にするビタミンCや、浸透力と保湿力が高いビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶようにするのがおすすめです。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすいので、肌トラブルが起こりやすくなります。そのため石油成分や添加物が肌への刺激になってしまうことがあるので注意しましょう。肌に馴染みやすく、クリームが延びやすいとつけ心地が良いです。サンプルなどを試せる場合には使いやすさを試すのも良い選び方です。

 

ベルタ葉酸サプリは男性にも効果がある?

ベルタ葉酸サプリは男性にも効果があるのでしょうか。実は、男性にも葉酸は必要なので、ベルタ葉酸サプリは男性にも効果があります。赤ちゃんは男女の協力なしではできず、葉酸は女性だけではなく、男性にも必要な栄養素です。葉酸は、妊娠中や授乳中の女性だけに必要な栄養素と思いがちですが、それは間違っています。男性にとっても大事な栄養素で、葉酸には男性の精子を正常に保つ働きがあります。

 

ベルタ葉酸サプリは男性にも効果があるのですが、飲み方を工夫しないといけません。女性の場合は、妊娠の約1ヶ月前から飲み始めるのが良いのですが、男性の場合は、約3ヶ月前から摂取するのが良いです。

男性は、ベルタ葉酸サプリを妊娠してから飲んでも意味はありません。基本的に、妊娠を希望する数ヶ月前から摂取する必要があります。男性が妊娠の3ヶ月前から葉酸を摂る必要があるのは、精子が作られるのに約3ヶ月かかるからです。葉酸には、染色体異常の精子を減少させる効果があるので、妊娠を希望しているなら、夫婦揃ってベルタ葉酸サプリを摂取しましょう。