妊娠してお腹がどんどん大きくなってくると、お腹や太ももなどにスイカの模様のような線ができてしまうことがあります。これを妊娠線といいますが、この妊娠線を作らないように予防したり、できてしまった妊娠線を消したり、薄くする効果がある専用クリームが妊娠線クリームです。妊娠線クリームは様々な種類のものが販売されているので、どれを選ぶのがよいのか迷うこともあります。

妊娠線クリームを選ぶときのポイントとしては、保湿力、成分、肌へのこだわり、使いやすさを注意して選ぶようにすることです。妊娠線の予防とケアに大切なのは保湿です。

肌を保湿する成分にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど肌の表面を保湿する成分がありますが、これに加えて肌の奥の保湿に効果のあるシラノール誘導体が配合されていて、コラーゲンを作る働きを助けて肌を丈夫にするビタミンCや、浸透力と保湿力が高いビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶようにするのがおすすめです。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすいので、肌トラブルが起こりやすくなります。そのため石油成分や添加物が肌への刺激になってしまうことがあるので注意しましょう。肌に馴染みやすく、クリームが延びやすいとつけ心地が良いです。サンプルなどを試せる場合には使いやすさを試すのも良い選び方です。